ざくざくスコーン2倍量

スポンサーリンク

最近はちょっと忙しくてバタバタ。
バレンタインに作りたいチョコレートケーキがあったが、買い物すらままならず断念。

仕方がないので家にある材料で朝からスコーンを焼くことに。
何もないよりは、簡単に妥協して買って済ませるよりはいいかなと。

バレンタインにチョコを買うことも何回かくらいはあったが、何より作りたいが先行する。
それに、買うとなるとお気に入りを見つけるまで買いたくない性分。

その一回はドイツのDEMELのチョコ。
f:id:va-paus:20210216113449j:plain
というのもジャケ買いならぬパッケージ買いである。
うさぎモチーフがたまらなく好きな私はこの子に目を奪われてしまった。
グリーンと黒の縞模様の色合いも最高。
パッケージ好き女子は分かってくれると思うが、これに何を入れようか考えるのが楽しすぎる。
f:id:va-paus:20210216113742j:plain
もちろん中身も大変美味だったよう。
中身は相手、外身は私に。
少し前にも心踊るチョコパッケージがあった。
DEMELのうさぎには劣るが購買力をそそられる。
オンラインでは在庫なしで諦めがついた。
パッケージデザインは消費者の購買力にこれほどまでに影響するのかと思う。
DEMELのうさぎの破壊力は私には凄まじかった。

バレンタインスコーンだが今回はチョコは入っていないプレーンなスコーン。
前に作った時は子どもたちが喜んで食べるのですぐに無くなってしまった。
なので2倍量で作った。
バターなしのオイル使用なので生地の扱いがとっても楽チン。
焼き時間を含めないなら10分以内に終了する簡単レシピ。
寝かせる時間も不要だから時間がない人にはオススメ。

たくさん焼けた。
いびつなスコーンだけど温かみがあって私は好き。
子どもがスコーンの香りにつられて笑顔で起きてくる。
お菓子の焼けた香りは人を笑顔にしてくれる。f:id:va-paus:20210216113840j:plain
ちょっと塩強かったね。
2倍量の時は塩は若干少なめがポイントかも。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です