薬局BULY

スポンサーリンク

ここ数年の愛用品にBULYのオイルがある。
パリからやってきた薬局うまれ。
歴史ある実力派である。
f:id:va-paus:20210224103610j:plain

おそらくハーブのスペシャリストでその種類の豊富さに信頼もますます高まる。
専門知識に弱い私は既に陶酔している。
当然のようなグッドデザインで期待を裏切らない。

この茶色の小瓶は鳥肌ものであった。
サイズ感といいたまらなく好き。
赤毛のアンに出てくる猩紅熱の薬瓶を思い出す。
瓶のぶつかるコトンという音が何とも心地よい。
ビュリーに完敗。

私の乾燥肌は酷く小学校低学年の頃には完成されていた。
冬は特にひどく足は粉を吹いて真っ白になる。
白いタイツ履いてる
と言われて恥ずかしかった。
こんな場面は鮮明に覚えているものだ。

f:id:va-paus:20210224103549j:plain
乾燥肌にオイル美容はマストアイテム。
たくさんの種類から選んだ初ビュリーはホワイトリリー。
ツヤが出るので朝用オイルとして使っている。
ベタつかないのに保湿もしてくれる常連さん。
だだいま2本目の頼れるお方。

これと一緒に頼んだボディオイル。
本命ではなく試してみたく購入に至ったが今では一番のお気に入り。
濡れた肌にスッと伸びてサラリ。
夏でも問題ない。
香りは迷いに迷ってリケンデコス。
心奪われた。
ひげをたくわえた上品な紳士みたいな香り。
どっしりとした大木のような安心感がある。
こんな素晴らしい香りは久々である。

もう一人の実力者は小ぶりなアイオイル。
ロールになっていて目元に直に塗れる。
浮腫みやすい目元の救世主。
効果は主観ではあるが、気持ちスッキリする。
なので2本目。
目元はとても肌が薄いので保湿はしっかりめに。
ビュリーのオイルは総じてベタつかないので次に来るアイテムの邪魔がない。

老化は平等にやってくる。
日々のケアがものをいう。
鏡を見て自信につながる美容はメンタルケアにもつながる。
美容はお金がかかる。
でも心身ともに健康にいられるのならプライスレスなのである。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です