大家さん物件

スポンサーリンク
娘の進学に合わせての物件探しを始めている。
そんなに急いでいるわけではないが、気になる物件はチェックしている。
そんな中で外観、内観、環境、立地、お値段が許容範囲内物件があって内見をお願いしていた。 内見に向かう車内で私はワクワクしていた。
緩やかな坂道を登っていく先には緑が青々として何とも清々しい。
なんだかジブリ映画の耳をすませばみたい♪ 地図アプリを見ながら一回りしたが、写真で見た物件が見当たらない。
不動産屋さんから送られてきた番地はここのはずなんだけどね。
間違えたんじゃない?
と、不動産屋さんを疑ってかかる。 二周目で見つけた。
道路沿いが駐車場で、ぐるりと回った先に玄関があった。
ここなんだね♪
不動産屋さんを疑ったことは忘れている。 ただ、駐車場5台分のスペースがある駐車場には月極の看板が。
こういう場合は一戸建て物件であっても駐車場は別途かかる。
内見前だけど、予算オーバーで内心却下。
こういう所を曖昧にしてしまうと後々後悔する。
ちりも積もれば。 待ち合わせ時間を少し超えて不動産屋さんがうやうやしく登場。
お客さんより遅くなり恐縮している。
全然大丈夫です。
今日内見をお願いして叶えてくれたのだから何ともない。
逆にありがとうございます♪ さてさて内見。
なんと素敵なお庭もついていた。
玄関のすぐ横には手入れされたちょっとしたお庭がある。
中に入ると玄関にはミロっぽいリトグラフが飾られている。
リビングやキッチンも広く、収納力抜群の洗面台もある。
玄関から丸見えの洗面台は少し気になるなと思いつつ2階へ。
寝室は広めのウォークインが付いていてポイント高め。
子ども部屋であろう部屋も問題ない。
そこの窓からお隣さんの家とお庭が見えた。 お隣さんのお庭ですか? そうなんです。
大家さんなんですけどマメなご主人でキレイに手入れしています。 大家さんがお隣って少々ハードルが高い。
ただ年配だと言うことで、私の勝手なイメージでは可愛がってくれる大家さん。
それならいいかと予算オーバーにも関わらず少し安堵していた。 とりあえず一通り見て満足な私達。
頭の中では駐車場がな〜とそればかり考えていた。
玄関先で不動産屋さんと話す彼を横目に早く帰りたいなとソワソワしていた。
緑豊かなこの場所には虫や蚊がわんさかいる。
家に入る前に1匹ほど蚊をお見かけしていた私は警戒していた。 そんな時、衝撃の事実が発覚する。  玄関のすぐ横から続くリビングに面するお庭は大家さんスペースなので立ち入り出来ません問題。
びっくり仰天してしまった。
別に立ち入り禁止はいいのです。
ただ大家さんがいつ目の前に出没するか分からない物件。
しかも、ここ2ヶ月でみるみるうちにお庭が様変わりしたよう。
2ヶ月前は何もなかったお庭だったらしく不動産屋さんも驚いていた。
あまりの訳あり?に圧倒される私達。 その時。 年配のご婦人が少々ご立腹の様子で塀の向こうで何か言っている。
どうも不動産屋さんが停めた駐車場はご婦人の駐車場だったらしくお咎めがきた。
慌てた不動産屋さんは塀の隙間から出ようとした所、またまた叱られている。
やんわりでは無く割としっかりめに。 これが大家さん。
可愛がってくれる大家さんは微塵も感じられない。 2人で顔を見合わせる。 無理!!笑 気の強そうな大家さんと不動産屋さんのパワーバランスは明らかだった。
あまりに露骨で不動産屋さんに同情してしまう。 ではありがとうございました。 と、一足先に物件を後にする。
あれほど蚊を警戒していたにも関わらず、あまりの衝撃に警戒が緩み刺されてしまった。 契約する気は私はなかったものの、あれこれ気にしない強いメンタル保持者ならばお得物件かもしれない。
家は良いけど大家さんがね。。 行きはジブリだったのに帰りは羊たちの沈黙となる。 大家さん恐るべしであった。
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です